女性の方へ

強く見える男性でも繊細な点というのは沢山存在します。
特に男性のシンボルともいえる部分に至っては、シンボルといわれるだけあってより気にしている男性が多いでしょう。
ですので、EDは男性にとってとても繊細で重大な問題です。
もしもパートナーがEDかもしれないと思ってもすぐにいうのではなく、タイミングを見計らってEDの存在を伝えてあげて下さい。
そして、パートナーがED治療を始めたなら、それを優しく支えてあげて下さい。
EDの多くは心因的EDの場合があります。心因的EDはクリニックでの治療だけでは治らないこともあるでしょう。そのプレッシャーやストレスを取り去ってあげれるのはパートナーである貴女なのです。
また、パートナーが治療クリニックに行くのを躊躇っていたり、インターネットで薬を買って済ませようとしている場合はアドバイスをしてあげて下さい。
EDは男性の病気ですが、男性だけの問題ではありません。お互いに支えあって治療をしてあげましょう。

EDの治療方法

ED治療をすると決めても、やはり戸惑う人は多いです。
クリニックは男性ばかりだと言われても、あそこを見せなきゃいけないのかとか、男性医師だとしても触られるのは嫌でしょう。だけど、EDは治療したい。

そんなことを悩む方は安心してください。
ED治療は薬による治療です。
バイアグラという薬くらいなら名前を聞かれたことがあるでしょう。また、インターネットでED治療について検索をしても多くのワードに含まれていたでしょう。
EDの治療薬はバイアグラの他にレビトラやシアリスといったものもあります。この治療薬はそれぞれに違う効き方をするので自分に合った治療薬を選択することができます。
その点も医師に相談することができるでしょう。

このED治療薬ですが、ネットで検索してみると類似品や個人で購入することができるページもあります。そして、正規品を買うよりもそちらを買う方が安く感じるかもしれません。
相手を思う焦りからやお金を節約したいという気持ちからそれを購入したくなるでしょう。
しかし、それはとても危険な事です。ネットで販売されているED治療薬の約半数以上は偽物であるという調査結果があるからです。
また、サイト自体が詐欺であったり、届いたものを飲んだら体調が壊れたという話もあります。
もしもパートナーが買ってくれたとしても、きちんとした所で処方された正規の薬を利用しましょう。
それがたとえパートナーが用意してくれたものでも、クリニックから処方されたものがあることを説明すれば角を立てずに理解してもらうことができるでしょう。

多少高額になってしまったとしても、一番大切なのは自分自身の体と健康です。それが、パートナーの為にも一番でしょう。
ED治療を受けるというなら、やはり安全で快適、安心して受けられる治療がいいと思います。
ですので、是非専門機関での治療を考えてみてください。

パートナーにも知ってもらう

もしも、自分がEDだとわかり、クリニックでの治療を始めた場合はパートナーにもそのことを知ってもらいましょう。
EDはカウンセリングや薬の服用で改善することができるのは確かです。
だけど、薬を服用してもそれだけで治るわけではありません。パートナーに協力してもらい、回数を重ねることが一番の治療方法です。
その為にも、EDであることを打ち明け、治療中であるという事を説明すべきでしょう。
理解あるパートナーならば貴方の治療を手助けしてくます。
EDは一人で治す病気ではないという事を認識しておくと、貴方もパートナーも安心することができるでしょう。

オススメリンク

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

September 2016
M T W T F S S
« Jul    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930